名城大学ボランティア協議会とは

設立の経緯


名城大学ボランティア協議会は、平成16年7月14日に設立されました。きっかけは、設立の2年前、本会の初代会長である加藤隆吾氏が学内でタバコの吸殻を拾い出したのが始まりでした。一人、また一人とその行為に賛同する学生・教職員が集まり、毎月1回の清掃活動を行うことが学内で定着していきました。その活動は後に、「クリーンアップ大作戦」と命名され、平成16年4月のクリーンアップ大作戦には100名を超える学生・教職員が参加するに至りました。その後、ボランティア活動に組織的に取り組もうという機運が学生や教職員の間で高まり、本会の設立となりました。現在では、登録会員数は150名を超え、その活動分野も、環境、防犯、災害復興、福祉等多岐にわたり、名古屋市天白区を中心に積極的なボランティア活動を展開し、「地域社会に貢献する学生ボランティア団体」を目指して、日々活動を行っています。

目 的


名城大学に在籍する学生がボランティア活動を実践し、社会の一員として地域社会に貢献するとともに、様々な経験を通じて、学生自身の成長に寄与する。

理 念


●ボランティア活動への理解
●学生主体のボランティア活動の実践
●ボランティア活動による地域社会貢献

組 織




ロゴマーク



色と形の違いは、ボランティア協議会に入会している人たちを表現。 性別、年齢、性格など違った人たちが、互いを尊重しあいながら、同じ目標のために団結し、1つの目標をみんなで達成することを意味しています。

ボラ協に入ってみよう!



・会員について
名城大学に在籍し、ボランティアに興味がある学生なら誰でも本会会員になることができます。入会後は、電子メールを通してボランティア活動の情報を受け取ることができるようになり、そこから自分に合ったボランティア活動を選び、いつでも気軽にボランティア活動に参加することができます。

・運営スタッフについて
ある程度経験を積んだ会員は、ボランティア活動についての企画、立案、運営を行います。いわば、ボランティア活動の「コーディネーター」というべき存在です。



前年度までの会長 退任あいさつ